テーマ:旅行

相良33観音めぐり12~13

相良33観音めぐり12番札所は球磨郡山江村にある合戦嶺観音です。 「秋風の 嶺ふきこゆる 音づれや すずしき国を 知れとなるべし」とご詠歌を唱えて歩きます。 ご本尊は聖観音立像で、近くには山江村歴史民俗資料館ありますので、こちらものぞいてみたいですね。 13番札所は、人吉市に帰り南願成寺町の観音寺観音を「世の中に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「うき」が開駅

整備が進められていた道の駅「うき」が明日4月28日に開駅します。 当日は、お祝いの開駅式が行われた後の12時頃に一般開放される予定になっています。 国道3号と218号が交差し、九州縦貫自動車道松橋インターチェンジが隣接するところにあり、観光や物流の交通拠点として、また、翌日の29日には地産地消の拠点となる物産館「宇城彩館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーキングで心地よい汗を

先日、口コミしたJR九州主催のウォーキング「焼き物の里を訪ね、みかんの花と御輿来海岸を楽しむ」に参加してきた。 JR三角線網田駅から網田神社、網田焼の里資料館、網田焼窯元跡、梅田健太郎窯などを見学しながら、日本渚百選の御輿来海岸が望める鳥山展望所まで歩くと心地よい汗が吹き出てきた。 島山展望所でサービスの「あさり貝の味噌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

網田焼きの里を歩くウォークキング

「焼き物の里を訪ね、みかんの花と御輿来海岸を楽しむ」ウォーキングが4月25日の日曜日に開催されます。 JR九州が主催して開催されているウォーキング(春~初夏編)のひとつです。 白い花が咲くみかんの丘を歩き、熊本県の指定史跡として保存・整備されている網田焼の里をたずね、日本の渚百選に選定されている海水と砂が織りなす美しい「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり8~11

人吉市の中心地に位置する4箇所の札所を紹介します。 8番札所は人吉市温泉町にある湯の元観音です。 名前のとおり人吉温泉発祥の地に祀られている観音様で、本尊は立派な聖観音でしたが、昭和40年の大水害によって行方不明になり、現在、安置されているのは新たに祀られたものらしいとのことです。 御詠歌は、「走り湯に こころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり6

6番札所は、また、人吉市に戻り下原田町の「嵯峨里観音」です。 御詠歌は、「法の道 所はおなじ ただ頼め やみもしめしか はらだ野の末」と唱えます。 ご本尊として祀られている十一面観音には、「宝暦2年2月上旬彩色仕候、豊前中津仏師長谷川伝吉」との胎内銘があり、江戸時代中期の作といわれています。 また、下原田地区の公民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり5

相良33観音めぐりも人吉市から球磨郡球磨村三ヶ浦鵜口の5番札所「鵜口観音」です。 「彼の岸も 近き渡りに なりにけり ちかひの舟に のりをえぬれば」と御詠歌を唱え歩きます。 相良三十三観音の中で、最も西の位置にある札所です。 詳しい由来については不明とのことですが、鵜口地区が球磨川に面し物資の重要な中継点として栄…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相良33観音めぐり4

相良33観音めぐり4番札所は人吉市下戸越町の「三日原観音」です。 御詠歌「月影の けふ出初むる みかの原 はるかに照らせ ながきよの闇」)を唱え、春の息吹が感じられる九州自然歩道を歩くとちょっと汗ばんできます。 ここの観音堂については、文献がなにもなく、ただお堂の香炉台に「奉納三十三所、享保十一丙午八月吉日―――」と記さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり3

暖かな春の日差しの中、美しい自然に囲まれた人吉球磨の相良33観音を訪ねる旅も3箇所目。 鈴を振り御詠歌(世のわざは 夢の間の たはふれと 思い捨てつゝ 法を求めよ)を唱えながら訪ねる3番札所は、人吉市西間上町にある「矢瀬が津留観音」です。 1198年に初代相良長頼公が地頭として入国したときに、これを阻んだ矢瀬主馬之佑を謀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり2

美しい自然に囲まれた人吉球磨の生活に溶け込む33の観音霊場。 この人吉球磨地方に江戸時代の中期庶民の間に広がったといわれる観音信仰。 人吉球磨の貴重な文化遺産、観音堂や観音像を鈴を振り御詠歌(ちりの世の 中を出たる ふだらくや 山とし高く あふぐ御仏)を唱えながら観音を訪ね歩きます。 2番札所は、人吉市浪床町にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相良33観音めぐり1

美しい自然に囲まれた人吉球磨の生活に溶け込む33の観音霊場。 この人吉球磨地方に江戸時代の中期庶民の間に広がったといわれる観音信仰。 人吉球磨の貴重な文化遺産、観音堂や観音像を鈴を振り御詠歌(音羽山 音に聞こえる清水の ふかき誓いを 誰も頼りみき)を唱えながら観音を訪ね歩きます。 はじめは、人吉市願成寺町にある1番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇の大火文字焼き

阿蘇地方に春を告げる「阿蘇の大火文字焼き」が3月13日の土曜日に「阿蘇の火まつり」の先陣を切って行なわれる。 この大火文字焼きは、本塚と往生岳の山肌に大小それぞれの「火」の文字が浮かび上がり、麓の内の牧温泉方面から見ると二つの「火」の文字が重なり「炎」の字が暗闇に浮き上がり幻想的な世界を提供してくれる。 特設会場の「はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南阿蘇桜さくら植木まつり

毎年県内外から多くの観光客が押し寄せる一心行の大桜。 南阿蘇村の「一心行公園」では、3月20日(土)から4月11日(日)まで今年で13回目となる「南阿蘇桜さくら植木まつり」が開催されます。 大桜が見頃となる時期には、ライトアップされ昼間とは違った幻想的な風景が広がって皆さんを安らぎと癒しの空間に導いてくれるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も走るSL人吉号

SL人吉号が今シーズンも3月6日の土曜日から運行を始める。 昨年は4月から11月の運行期間中に約3万2千人が利用したという。 熊本駅から人吉駅までの運行で、沿線には多くのSLファンがカメラを抱えて出迎えていた。 今シーズンは、昨シーズンの好調な実績を受けて、これまでの金・土・日曜日・祝日に加え、月曜日にも運行される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のくまもとお城まつり

 応援よろしく いよいよ3月、春のくまもとお城まつりが3月20日(土)から3月28日(日)まで開催されます。 熊本城内には、約800本の桜があります。 全国的にも開花が早い熊本の桜、この時期には花見も楽しめるのではないでしょうか。 今年のイベントは、「くまもとの食と文化でおもてなし」をテーマに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人吉球磨はひなまつり

 応援よろしく 相良家700年の歴史と急流球磨川、国宝青井阿蘇神社、人気の温泉などが目玉の人吉球磨。 ここ、人吉市で「人吉球磨はひなまつり」が開催されている。 ひなめぐり会場は、「クラフトパーク石野公園」、「ひとよしおひな通り(九日町・五日町)」、「ひとよしおひな通り(鍛冶屋町)」、「専徳寺(球磨郡相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの風景 満開の菜の花の中を歩いてみませんか

 応援よろしく 寒風が吹きぬける冬空が続いていますが、上天草市松島町の100万本の菜の花が満開になっている。 この菜の花は、2月の中旬まで楽しめるということです。 来月の2月6日(土曜日)には、第10回目となる「菜の花ウォーキング」が開催されるというとで、現在、上天草市の商工観光課で参加者を募集中のこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

癒しの温泉 湯山温泉

 応援よろしく 熊本県水上村にある湯山温泉は、今なお貴重な原生林が残る霊峰「市房山」の登山口にある温泉です。 源泉が湧き出ている共同浴場の「元湯」を中心に小さな宿が10軒程ある閑静な温泉です。 古くから湧出していたと伝えられる天然かけ流し式の温泉。 アルカリ泉の「とろとろのお湯」が自慢で、神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽に染まるシルエット

 応援よろしく 阿蘇くまもと空港の撮影ポイントが今人気になっている。 航空雑誌に阿蘇くまもと空港で撮影された写真が数多く載せられるようになってから、阿蘇くまもと空港北側の撮影ポイントを訪れるファンが多い。 阿蘇くまもと空港から西には金峰山と雲仙普賢岳、東には阿蘇外輪山と噴煙を上げる中岳が一望できる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夕陽とイルミネーション巡り

 応援よろしく 天草下田温泉で「夕陽とイルミネーション巡り」が開催される。 天草西海岸を巡る「天草西海岸周遊バス」に、12月11日(金)と12月18日(金)から27日(日)までの期間限定で夕陽とイルミネーションを見てまわるコースが登場する。 料金は無料ということであり、利用しない手はない。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

癒しの温泉 山海館大洞窟温泉

 応援よろしく 熊本県最南端の湯の児温泉にある山海館の大洞窟温泉。 日本一の総全長を誇る大洞窟風呂が人気です。 創業のときから残っている磯館は、千と千尋の神隠しの湯屋を思わせる建物で何か懐かしさと風情を感じさせてくれます。 すぐ前には不知火海が広がり天草諸島を一望出来る絶景も楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの温泉 阿蘇乙姫さま温泉「弁財天の湯」

  熊本応援団  癒しの世界 乙姫さま温泉「弁財天の湯」は、阿蘇の大自然に包まれた静けさの中、都会の喧騒から離れて身心共に温泉で洗い、心の静けさをとりもどせる癒しの湯いえます。 温泉の由来は、「弁財天の湯」のオーナーさんが見られた夢に基づいていると言われています。 それは、<「別荘の敷地内にある…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

癒しの温泉 ジャルディンマール望洋閣

  熊本応援団  癒しの世界 熊本の宝島、天草の下島にある下田温泉の旅館「ジャルディンマール望洋閣」。 「日本の夕日の宿百選」に選ばれた国際観光旅館です。 熊本の近海で採れた新鮮な海の幸、800年の歴史あるいで湯の温泉。 周辺には明治時代に活躍した与謝野鉄幹や北原白秋などの詩人が旅をした山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帆船日本丸が三角港に寄港

  熊本応援団  癒しの世界 宇城市の三角港に帆船「日本丸」がやってきます。 11月13日から11月17日までの寄で、この期間には様々な楽しいイベントが予定されています。 入港は13日の午後1時ごろで、17日の午後2時に出港の予定になっています。  14日の土曜日には午後1時からセイルドリル(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しスポット 熊本県庁プロムナードの銀杏

  熊本応援団  癒しの世界 熊本県庁プロムナードの銀杏が色づき始めた。 あたり一面が黄金色に染まるにはもう少し時間がかかりそうだが、昨日から毎年恒例になっているライトアップが始まった。 ここ県庁前の銀杏並木は、近所の人たちの散歩コースとして人気のスポットであるとともに銀杏並木が紅葉するこの季節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの温泉 平山温泉

  熊本応援団  癒しの世界 別府や湯布院、黒川、霧島など名立たる温泉地が多い九州の中で今人気No1なのが熊本県山鹿市にある平山温泉。 平山温泉の成分には硫黄分が含まれていて泉質が良いことで広く知られています。 山鹿の奥座敷とも呼ばれる山間部に、十数軒の旅館があります。 旅館のほかにも共同浴場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しのスポット 松島観光ホテル岬亭特別企画

  熊本応援団  癒しの世界 熊本天草松島の松島観光ホテル岬亭の開設12周年記念企画が10月26日からスタートした。 この「岬亭オフィシャルサイト開設12周年記念特別企画」は翌年の10月26日までの1年間。 この期間中に、松島観光ホテル岬亭オフィシャルサイトから予約・宿泊をすると、エステサロン「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しスポット 国指定名勝「水島」

  熊本応援団  癒しの世界 八代市の水島は、万葉集に「めでたい水の島」と長田王に歌われています。 また、日本書紀に舟で水島を訪れた景行天皇が食事をする際、水がなったため天地の神に祈ったところ、崖のほとりから水が湧き出したとあります。 そのため、この島を水島と呼ぶようになったといわれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しのPS 蓮華院誕生寺奥の院大祭

  熊本応援団  癒しの世界 九州最大のパワースポットともいえる蓮華院誕生寺奥の院。 霊峰小岱明山の中腹に建ち、広大な境内のあちこちにパワースポットがあります。 五重塔は、総木造つくりで国内第3位の高さ51.5mで、登って修行ができる日本で最初の五重塔です。 蓮華院誕生寺は、平安末期に平重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しスポット 東陽石匠館

  熊本応援団  癒しの世界 八代市東陽町にある東陽石匠館、全国に多くの石橋をかけた種山石工の出身地がここ八代市東陽町です。 この東陽石匠館では、石工の技法や歴史など石橋のすべてが紹介されています。 東京の万世橋を造った橋本勘五郎の遺品や放水で有名な通潤橋の建設の時に石のアーチ部分を支えた木の台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more